今年、私に贈った贈り物1

ヨーガンレールShoka:

今朝はこのことを書かなくちゃ部屋を出ていけないな。

カレンド沖縄の記事用に取っておいた写真だけれど、どうしても書きたくなって抑えきれない雨の朝。

黄色いウールのストールは今年の9月末に手元に置いておきたくて購入しました。

ヨーガン レールさんが刺繍されていたから。

見ていると、庭仕事をせっせとやっていた姿や思い出がよみがえってくる。

ある日、一緒に庭づくりの仕事を手伝った。雑草を抜いていた時のこと。

「ほとんどの人は、何を残して、何を抜いたらいいのか全くわかってないよ」

強い口調でそう言って、じっと目を見るレールさん。

「このヒトにはこんなに可愛い花が咲くのに。この醜いものたちを抜いて欲しいだのに。あの人たちはそこらじゅうのものを全部抜いてしまうよ。そっこらじゅうが丸裸になるよ!」

怒っているレールさんは、感情を込めて言い放った。

 

・・・・・自分の好みだね、レールさん。それ、レールさんにしかわからないね。

心の中でそう呟く。

きっと、農園で働いているおじさまがたはその微妙なレールさんの好みがわからないんだろうな。そういうことを考えながら、

「ほんとだ、こんなに小さいのに、可愛い花をいっぱいつけているね」

白い小さな花たちを見て、今度は言葉にして呟く。その小さな花たちをそっと撫ぜる。そのあとは、すっと静けさが戻ってくる。

「あなたがずっと前に持ってきてくれたあの子に花が咲いたよ。あなた白い花だと言ってましたけれど、赤でした」

・・・・・あら、そうだったかしら?失敗しちゃったの?私。

それは言葉にしないで、残念そうな表情をして私は笑う。レールさんは白い花を当時集めていたのだった。

「大丈夫よ。可愛い花でしたから」レールさんはそう言うと、楽しそうに少し恥ずかしそうに笑った。

その時に言葉に出したことと、出さなかったこと、レールさんの表情と声音、島の植物の緑の香り。その全てがこの刺繍に重なる。レールさんとの思い出は、綺麗で、美しくて、お互いのいろんな感情がそこに息づいていて、いつもちょっとだけ笑える。だから思い出すととても切なくなる。

私はこのストールを大切にするだろう。

 

カテゴリー: etc, rugü essay, Shoka: letter タグ: , , パーマリンク

18日火曜日は定休日です

安藤雅信

企画展が終わって、今日は久しぶりの定休日。

沖縄は冬の曇り空。少し肌寒い1日が始まっています。

安藤雅信さんのティーカップとソーサーは凛としていて、縁が立っている。

輪郭がはっきりとしていて、造形を際立たせている。

自分のためだけにお茶を淹れて、ゆっくりと1日を味わおう。

お問い合わせ、通販の対応は明日から順次対応して行きます。まだ企画展の片付けも少し残した状態ですので、通常より返信が遅れてしまう場合もありますことをお許しください。

良い一日を。

カテゴリー: rugü essay, Shoka: letter, お知らせ タグ: , パーマリンク