バロックパールのピアス

muska jewelry ジュエリー ピアス

雨が落ち着いて、晴れ間がみえてきましたね。

Shoka:はオープンしております。

muskaもformeもどちらも本当に素敵で、いいものに囲まれる喜びに胸がいっぱいです。

大ぶりのバロックパールのピアス。
自然が生み出す、独特の美しい表情を持つ貴石を用いた一点もののdogaのシリーズ。
パールが揺れるように留められており、つけるととてもエレガントな印象です。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

本日オープンいたします。

forme 靴 企画展 Shoka:

夏の風物詩、台風がさっそくやってきましたね。

きっと、この台風が終わると、新しい季節と空気が待っているでしょうね。

雨が降りしきる朝、湿度もまるで水の中のような沖縄です。

 

庭では蝉が鳴いていて、なんだか不思議な季節感のShoka:。

今日は、formeのデザイナー小島明洋さんとスタッフの方がお二人いらっしゃいますので、ぜひお越しください。

足は第二の心臓、毎日の暮らしに欠かせない靴。

足のフィッティングやお手入れや足についての相談が、たくさんできるのが本当に嬉しいですね。

風や雨がまた強くなってくることもあると思います。
お越しの際にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

通常営業を予定しておりますが、また変更になる場合はお知らせさせていただきますね。

みなさま、素敵な1日を過ごしましょう。

Shoka: スタッフ一同

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , パーマリンク

オープンしました。

muska jewelry ジュエリー Shoka:

こんにちは。

先ほどお知らせしていた停電ですが、復旧いたしました。

電気のありがたさを噛みしめながら、元気にオープンしております。

写真の大粒のルチルムーンストーンのリング、光をとりいれてオーロラのように甘く美しい色に変わる石。

石の経てきた時間に、思い馳せるようなジュエリーです。

手にとってご覧になってほしいものばかりです。

お時間の合うかたは、ゆっくりした時間を過ごしに比屋根の丘の上へ遊びにいらしてくださいね。

Shoka: スタッフ一同

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

Suna keshi pearlの首飾り

muska jewelry ジュエリー Shoka:

小さな小さなSuna keshi pearlのネックレス。

細やかな手仕事に、思わず感嘆の声が漏れてしまいます。

後ろ姿も美しく、ゴールドのパーツや糸の色のバランスもやっぱり絶妙なのです。

muska jewelry ジュエリー Shoka:

つけてみると、首のラインがすっきりと綺麗。

華奢で繊細で、美しい。

だからこそ、大切に大切に可愛がっていきたいと思えるようなジュエリーです。

muska jewelry ジュエリー Shoka:

このネックレスを手にとってじっくりとみつめていると、その魅力にぐっと引き寄せられます。

ほかにもご紹介したくてうずうずしてしまう素敵なジュエリーばかりです。

muska jewelry 展 – Our memory is the world’s memory – は、17日まで開催しております。

明日の12日 火曜日は定休日となっております。

また、水曜日にみなさまとお会いできることを楽しみにしております。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , , パーマリンク

「formeの靴展」

forme フォルメ 靴 Shoka:

こんにちは。
たくさんの方にmuska展へ足を運んでいただき、にぎわいのある日々。
わたしたちも、一緒に楽しく豊かな時間が過ごせてとても嬉しいです。

ほんとうにありがとうございます。

引き続き、今週末より「formeの靴展」始まります。

6月15日(金)〜6月24日(日)会期中火曜日定休 12:30~18:00

デザイナー小島明洋・formeスタッフ在廊日 6月16日(土)

forme Shoka: 靴 ドレスシューズ 展示会

「いい靴を履くということ」

いい靴ってなんだろう?私たちの生活の中に革靴は当たり前のように溶け込んでいる。けれど私たちはあまり革靴のことを知らない。お手入れのこと、フォーマルとワークシーンとデザインの関係。渡したいの大事な足を支えてくれる靴の構造が、どれだけ私の健康や骨格に影響を与えているのか。

formeの靴たちは、forme=「形」の名前の通り、美しい形と履き心地が追求されている。トゥースプリングというかかとを少し高めに、つま先を少しだけあげる手法を用いて仕上げられた柔らかくしなる革製の靴底は足の運びが軽く、馴染むほど愛着がわく履き心地。デザイナーの小島明洋氏が日本人の足に合う木型の設計から起こした型を元に、靴職人が手仕事で作り上げる靴たちは、ファッション性も耐久性も追求されているのだ。靴底の交換などの修理も安価で済むような仕組みで作られていることにも職人気質な精神が感じられて嬉しい。履いていて同じ日本人としてとても誇らしい気持ちになるのだ。胸を張って背筋を伸ばして歩ける靴。そんな誰かの素晴らしい仕事やものに触れることが生活の豊かさにつながるのだと、わたしは思う。
Shoka: 田原あゆみ

6月16日(土)にformeのデザイナー小島明洋氏とスタッフが在廊します。その機会にじっくりと靴と自分の足との相性を探求してみるのもいいと思います。また沖縄では梅雨は革製品とカビとの激戦時期。革製品を濡らしたら大変だと思っている方も大勢いらっしゃることでしょう。そんな時期だからこそ、お手入れやメンテナンス法をお伝えするのにちょうどいいと思っています。早めに対処すれば大丈夫。この機会にShoka:チームにどうぞご相談ください、

〈企画展期間中メンズとレディースの靴がほぼ同じ型数並びます。価格差もほとんどありません。男性の方には嬉しいですね。この機会に男性のご友人・知人にもお知らせしてあげてください。formeの美しい形と手仕事の技に一人でも多くの方が触れてくださいますように。〉

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク