本日企画展最終日です。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

こんにちは。

雲の流れが早い午後、みなさまいかがお過ごしですか?

竹俣勇壱+郡司庸久 慶子企画展 「ぬくもりと粋」

本日最終日となっております。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

郡司さんの器には、いろんな表情があってみるたびにハッとする。

同じようでいて、同じではないということは、細やかな違いとじっくり語らうような余白があってとても楽しいのです。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

大胆な表情もいいものですね。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

ぜひ、お時間のあうかたは比屋根の丘の上へ足をお運びください。

ゆっくりとした休日を過ごしましょう。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

アメ釉イッチン

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

こっくりとしたチョコレートのような黒糖のようなどこか甘さのある肌に、
のびのびと描かれた花。

手にどっしりとした重みは、どこか安心感もあります。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

あえて華奢なカトラリーを合わせて。

ほっそりとした持ち手、ころりと愛らしいすくい。

そこには、ただ「美しい」という理由で手にとってしまう事実があるのです。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

アメ釉イッチン、いろんなのびやかさが描かれていてわくわくしますよ。

ぜひ、手にとってみてくださいね。

比屋根の丘の上でお待ちしております。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

クラシカルな佇まい

IMG_1426

ぽってりと包容力のある大きなオーバル皿と、クラシカルでどっしりとしたディナーナイフ。

IMG_1428

真鍮の手に確かに残る重み、味わいのある銀色の肌。

そこにあるだけでいいと思えるような存在感が美しいのです。

香りのいいチーズや、柔らかく煮込まれたお肉が目の奥に浮かんできます。

IMG_1430

大きなオーバル皿。

白の魅力は経年変化がとびきり楽しめること。
釉薬のぽってり感が一枚一枚違って、それぞれの愛おしさがあるのです。

クラシックでシンプルな形の中には、なんでも受け入れてくれるようなおおらかな包容力があります。

カトラリーも器も、テーブル周りの魅力がぎゅっと堪能できる空間になっています。

29日の日曜日までの会期となっております。

ぜひぜひ、足をお運びくださいね。

IMG_1247

 

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , , パーマリンク

ビールタンブラー

竹俣勇壱 タンブラー カトラリー Shoka:

今日も一日おつかれさまです、といいながらきんきんに冷えたビールを注ぎたくなるタンブラー。

お酒好きな竹俣さんが福々とした笑顔でこれはビールのためにつくったんだよ〜、と話していたのがとても印象的。

お酒ののめない方には、辛口のジンジャーエールや冷えた炭酸水はいかがでしょうか。
夏の夕方をより涼しげに、そして楽しみがぐっと増すタンブラーです。
みなさま、きょうも一日おつかれさまでした。

明日もよい一日になりますように。

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

優しい色

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

ニュアンスのある青磁色のお皿。

柔らかさや優しさの中に、凛とした気品のようなものを感じます。

型打ちされた動物や草花が生きていて、古きに倣った優しい青はとても情緒的です。

そして細やかな貫入の景色も、美しいのです。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

竹俣さんのryoシリーズ。

プロダクトデザイナーの猿山 修さんと一緒にデザインしたもので、スタイリッシュで使い勝手もよく、手にとった時の重さもちょうどいい。

じっくりとみればみるほど、美味しい想像がとまらなくなってしまいます。

Shoka:は今日も元気にオープンしております。

ぜひ、遊びにいらしてくださいね。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , , パーマリンク