CALEND-OKINAWAに記事を掲載しました

田原あゆみエッセイ

この記事は4月7日にCALEND-OKINAWAのShoka:の連載に掲載されたものです。4月15日から始まるmon Sakata展に向けて書きました。

この記事を読むとmon Sakataの服は、坂田敏子さんの人柄や彼女の視点がベースになっているからこそ、楽しく着れるのだということが伝わるといい名と思って書きました。そして、誰かが生涯をかけて続ける仕事の奥の深さや、人間味に触れることで、ますます日常は当たり前のものではなくて、ギフトのような時間の連続なんだということが私は分かってきました。

以下その気時の本文です。みなさま楽しい一日を!

::::::::::::::::::::::::::::

 

朝の身支度を整えようとクローゼットを覗く。

仕事に行くのか、友人とランチなのか、それとも海へ?
出張、ライブ、結婚式・・・

その日の気分や、出かける目的と場所を考えて選ぶ服のコーディネート。

今までにいったい何度何を着ようかと頭を悩ませたことだろう。

母の代から服を扱ってきた私にとって、mon Sakataの服は日常着の救世主となった。

 

便利で間違いなく合わせやすいカットソーたちは、袖の長さや着丈、色のバリエーションが豊富で着心地がすこぶるよい。
落ち着いた秋色は様々なブランドの服にすっととけ込み、オレンジ・黄色・ミッドブルーの印象的な色たちは、日常に華を添えてシンプルなアイテムたちを際立たせる。

 

一見シンプル。けれどポケットや股上・裾などにさらっと個性が息づくボトムスたちは、履きやすく楽しくて、気付けば今日もまた着ている。気がつけばそんなお気に入りのアイテムになっている。

田原あゆみエッセイ

10年くらい前までは、カットソーが日常着の人気者だったけれど、今はブラウスやシャツなどの布帛が中心。

忘れ去られがちなニットだけれど、mon Sakataのニットは抜群だ。
重ね着して、素材の違いや色の重ねを楽しむことが好きな坂田敏子さんが作っている服たちだから、写真のように袖丈、襟ぐり身頃に工夫がしてあって、コーディネートを仕上げた後のディテールが楽しいのだ。

 

袖丈の長いロンスリ(ロングスリーブ)のカットソーと、袖丈の短いカーディガンを重ねる。カーディガンの袖口はくるっとしていて、互いの素材感や造形を楽しめるようになっている。

ニットの裾の仕上げも糸の持つ柔らかさや個性が奔放に現れているのも好きだ。

私は着ている時に、カーディガンの裾のくるくるを指先で触って楽しんでいる。

田原あゆみエッセイ田原あゆみエッセイ

田原あゆみエッセイ

あら、坂田さんニットを留めているものはなんですか?

それはくるくると何かが巻かれたブローチだった。

カーディガンはそのまま着ると、ふちに表情があり、アクセントになる。
こうしてお気に入りのブローチで留めると、また印象が変わる。

mon Sakataの服の特徴の一つに、「余白」を残していることを感じる。

このシンプルな前秋のカーディガンのように、形を決めてしまうのではなくてその人が好きなようにアレンジできる余白を残しているのだ。

田原あゆみエッセイ

ボタンがついているカーディガンでも、その形は決まっているような、決まっていないような不思議な余白を感じるのだ。

着る人の身体のラインや、下に重ねるものの素材感や色、袖をまくるのか袖口のボタンをしめて仕上げるのか。
着る人が参加して、普段の動きの中で表情が変わる服。

 

mon Sakataの服は、日常の中で素材と遊んでいるような感覚になる。

田原あゆみエッセイ

「そうそう、田原さんこれ見たことあったかしら?」

そう言って坂田さんが持ってきた写真。

じっと見ていると、糸くずが集まってできたフェルトのように見える。

まさしくこれらの固まりは洗濯機の糸くずフィルターに溜まったmon Sakataの服のかけらたちなのだ。

地ならしで洗った布や、坂田さんの私服のお洗濯、製品の仕上げに洗いをかけたとき。布からこぼれた糸くずたちが、その時の色や素材のブレンドによって形も様々にぎゅっと固まった姿。

それを面白いと集めている坂田さんに、私は彼女の服作りの原点を感じた。

 

繊維の表情、配色の妙。
小さな糸くずの固まりに、mon Sakataのエッセンスが詰まっている。

坂田さんは素材を触るのが好きなことは前々から知っていたけれど、なんだか子どもの頃のただただ関心を持ってただただ見入る。その無垢な視線を素材に注いでいる坂田さん。

この仕事はどこを切っても、彼女の生涯の仕事なんだ。そう感じて、私はじんと来た。

 

田原あゆみエッセイ

その偶然出来た糸くずフェルトに合わせて、作家さんに専用の箱を作ってもらい納めている。巻頭の写真に写っている箱たちの中には様々な表情の糸くずフェルトたちが収まっている。

一つずつ専用に作ってもらったものだから何万円もかけたのだそう。
日常着の痕跡を、宝物にしてしまう。
この視点こそ現代アートの土台ではないだろうか。

 

田原あゆみエッセイ

この美しい色の写真たちはなんでしょう?

 

誰かと長くつき合っていると、だんだんと見えてくるものがある。今回の取材で、坂田さんと布や糸などの素材との結びつきが以前より深く伝わってきて、私の胸はジンとした。

坂田さんとともに過ごしたこの数時間は、私にとっては深く濃くて、とてもこの回だけで書き終られるようなものではなかった。

 

なのでこの話しは続きます。

vol2「坂田さん、39年間服作りをしてきて変わったことと、変わらないことはなんですか?」

こちらはShoka:のホームページに、4月13日頃にアップしたいと思います。

田原あゆみエッセイ

 

2012年と、2014年に開催した時の取材記事はこちらからどうぞ。

 

「mon Sakata がうまれる手」

 

mon Sakata のかたち

 

 

 

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , , パーマリンク

trippen

Shoka:

 

trippenの秋冬のコレクションへ行ってきました。改めて職人や技術を継承していくことの素晴らしさや、手で大切に一つ一つを仕上げる決意をしたtrippenの職人気質な姿勢に敬意を感じています。

今年はモードなデザインを履きこなしてみたい。履き心地の良さを実感済みなので、遊んでみたいと、感じている。ベーシックを履きこなした5年。信頼をベースにもっと楽しもう。

今回の東京では、大切な友人たちと楽しくて深い時間を過ごしています。内なる声に耳を傾けて、表現し続けている真心の人たち。

ギフトを差し出し続けている勇者たち。そんな友人たちと過ごす時間は何ものにも代えがたい。昨夜は敬愛する先輩の語る、自分の仕事のあり方の原動力となった背景に耳を傾けて、夜が更けていきました。

暗い夜道をtrippenの靴に乗って、ぐんぐん歩いて坂下り。川を渡って帰宅。朝は寒くてベッドから顔と手だけを出してこのブログ。

さてさて。

今日はどんな1日なのか?

またとない日に繰り出しましょう。皆さんにも、わたくしにとってもすてきな1日になりますように。

 

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , , , パーマリンク

物語

アンティーク 銅版画 古い本の挿絵 羊と山羊

シープドッグのJは賢かった。

人間より早く危険を察知すると、耳をそばだて鼻で筋書きを読み取ると、皆の先頭に立って必ず安全な場所まで誘導しことなきを得るのだった。

羊の群れが狼の来襲を逃れることができたのも、霧に覆われ視界を失った群れが崖から落ちるのを避けることができたのも、Jのおかげだった。

山羊のVは羊が嫌いだった。

いつも日向で草を食べていて、危なくなるとJがさりげなく守ってくれる。

毛が伸びると、人間たちがで羊毛は財産だと、満面の笑顔でふわふわの毛を刈り取る。

ぬくぬくと暮らす羊たちはきっと脳みそが小さくて、自分で考えることはあるまい。ふん、鼻持ちならないただのモコモコの毛の塊だ。

Vの暮らす断崖絶壁にはまだ雪が残り、冷たい風が岩場を削るように吹く。蹄が乗るくらいのほんの少しの足場を見つけては、凍てつく風に吹かれながらVは今日も絶壁で草を喰む。

そして、日向の平地で人や犬に守られ、のうのうと暮らすモコモコよりも、己の知恵としっかりとした体幹で自立して生きる孤高さを誇りに思った。

今日もVは高い峰から羊を見下ろし、フン、と鼻を鳴らした。それよりも何よりも、あの草原を風を切ってビュンビュン走る、俊敏で美しいシープドッグのJがいつも彼らの周りにいることに腹が立っていた。

VはJに擦り寄られ、その長くて暖かな毛の匂いを嗅いでみたかった。Jに誘導され守られて平らな大地で眠りこけてみたかった。落ちる心配をしないで、横になってみたかった。Jが舐めて起こしてくれるまで、すやすやと。

けれど悲しいかな、Vの蹄は岩場のほんの小さな足場を探して次の一歩を踏み出すことをやめることができなかった。

のほほんとした羊と、切り立つ崖を住処にする山羊の物語。

 

私は、賢い犬も、もこもこの羊も、孤高の山羊も好き。

この「羊と山羊の絵」は19世紀の後半に描かれ、エッチングで本の挿絵になっていたもの。なんだかいろんなストーリーが浮かんできます。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , , , パーマリンク

ナポレオンのエジプト誌

ナポレオン エジプト誌 

パリで出会ったものたちの中でもとても印象に残っていて感動したのがこの一枚の挿絵。

敷居の高いコレクターのムッシュのお店で、えいやっと勇気を出してやりとりをして大きなカントを開いて、たくさんの挿絵を見せてもらった。2時間近くかけて様々なジャンルの挿絵を見た中でこの古句て大きな版画に惹かれた。

ムッシュは目を輝かせて、「君はとても運がいい。これは状態もよくて素晴らしいものだ。ナポレオンのエジプト遠征の時にまとめた本の一ページだよ」と。

1798年、ナポレオンがエジプトへ遠征に行った時に彼は150人の学術調査団を連れて行った。そしてエジプトの古代の遺跡・動植物・地質・チリ・生活用具や服装・音楽や楽器・風習に至るまで事細かに調査し記録した。そして14年かけて400人の版画誌にその記録を起こして「エジプト誌」を刊行したのだ。大型本全24巻894葉にも及ぶ博物誌だ。

その中でも「博物誌-  Description de’l’Egypte 」の中の鉱物の版画の評価はとても高いそうだ。

その時この絵を見つめながら、私はものすごい時間の流れの中に自分が存在していることが不思議な感覚となって、押し寄せてきたのを覚えている。

白黒だからこそ、深みを感じる。実際のものを忠実に再現している職人の仕事というのがまたいい。大自然と膨大な時間が作った自然の中の芸術が際立つからだ。

これを手放すのは実に惜しい。が、私は好きなものや感動したものを誰かに見せたりそのストーリーをシェアするのに喜びを感じる人間だ。だからこそ今の仕事が天職だと思っている。秘蔵にせずにShoka:に並べてたくさんの人に見て欲しい。

店に出すからには、ちゃんと値段をつけなさいと師匠の一人から言われ最もだと思いそうすることを肝に命じている。

これを家の中のどこかに飾れる人は非常に幸運だと思います。

以下にナポレオンが刊行を命じた「エジプト誌 Description de’l’Egypte 」についてのリンクを貼ります。

Description de’l’Egypte

shoka:のInstagram

田原あゆみのInstagram

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , , パーマリンク

藍色

IMG_2291

この2〜3年の間、よく使っているストールは藍染のリネン。

巻いたときの藍の香りが好きなのと、収まりがいいのがその理由。

とにかく手が伸びてしまうのだ。

なぜだろう。

デニムが世界中で愛されているのは、カジュアルな格好にも、パンクな格好にも、トラッドにも、大人っぽいスタイルにもデニムはピタッと寄り添えるから。

この藍色はとにかく何色を着ていてもしっくりくる色なのだと思う。

IMG_2288

そしてこの素材。薄手のリネンは涼しくて汗をかいてもすぐに乾く。それに肌触りがバツグンにいい。だから本能的に手が伸びるのだ。

夏に気軽に首に巻けて、しっくりとシンプルに、素材の質感を引き立てるようなストール。サイズは小さめのもの。

クルッと巻いて、布を挟み込んだらちょうどいいくらいの長さと幅。

それをいろいろ考えてこのストールは生まれました。

染織家の比嘉英子さんが、声がけをしながら大事に建てた藍に優しく声がけをして染め付けられた藍色は光の具合で様々な表情を見せてくれます。

そして藍はその人の肌を生き生きと美しく引き立ててくれる色でもあるのです。

琉球藍 Shoka:

*素材の違いでお値段は9,000円から12,000円(税抜き価格)まで

 

カテゴリー: etc, rugü essay, Shoka: letter タグ: , パーマリンク