体温を感じる器

赤木明登 漆 器 溜 刳 Shoka: 企画展

赤木さんのうつわには、ただ単に「温かみがある」という言葉では収まりきれない、人のような体温が感じられるというか、ある種艶かしさも感じる。

特にとろみのあるこの漆の仕上げが上品で妖艶な佇まいだ。

赤木明登 漆 器 溜 刳 Shoka: 企画展

触れると、吸い寄せられるようなしっとりとした感触。木の器なのだから焼き締められていない陶器でもない。もちろん低反発まくらでもない。なぜかしっとり柔らかさが感じられるのだ。

赤木明登 漆 器 溜 刳 Shoka: 企画展

食は自由だ。
この鉢に、夏の疲れが出てきたお父さんに鰻の蒲焼を。
大きく切った柿を子どもたちと一緒に。
友人を招いていくらののったちらし寿司…。テーブルの上がパッと華やぐことでしょう。
美味しそうな妄想が止まりません。
器に見合った料理を作らなきゃ…などと気負いせず、ソーミンチャプルーでもいいと思うのです。美しい器に受け止めて貰いましょう。
きっといつもより、麺は光り、にんじんは鮮やかに。食欲をそそるでしょう。

赤木明登 漆 器 溜 刳 Shoka: 企画展

リズミカルな刳りのリズムに、とろみたっぷりの漆仕上げ。
木地師と塗師のどちらのバランスが崩れてもこの美しさは表現できません。
盆ですが、器として直接お料理を盛っても綺麗ですね。おうちでワンプレートランチ。
食べ過ぎに注意です。

きんじょうゆか

24日(日)までの開催ですので、ぜひお立ち寄りください。
遠方からの通販のご希望方はこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせメールはこちら

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

切溜

赤木明登 漆 器 切溜 Shoka: 企画展

切溜。

古くから使われている台所道具、料理のときの材料入れや保存に使われていたそうです。

入れ子になってきっちりと収まりのよいうつわには、理にかなった美しさがあります。

赤木明登 漆 器 切溜 Shoka: 企画展

組み合わせてみっつの箱に。

お弁当箱にも、カトラリー入れ、裁縫箱、わたしだけの宝物箱にもなってくれるおおらかさ。

赤木明登 漆 器 切溜 Shoka: 企画展

拭き漆で仕上げているので、木目がみえてまた味わいがあります。

赤木明登 漆 器 切溜 Shoka: 企画展

時には重箱のように、時には大皿のように、この理にかなった美しさのなかには自由がつまっているような気がします。

赤木さんのうるしのうつわ展も明日までとなっております。

ぜひ、心地よい木漏れ日と風の吹く比屋根の丘の上へ遊びにいらしてくださいね。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , パーマリンク

白漆のデザート皿が届きました

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

こんにちは。

入道雲と青い空、沖縄はまだまだ夏が名残惜しそうにしていますね。

本日、待ちに待った白漆のデザート皿が届きました。
箱を開けた瞬間、わあ!とおもわず声を上げてしまう素敵さ。

手のひらにしっくりと馴染むとてもいい大きさです。

白漆の表情も一枚一枚違っていて、とても綺麗なんですよ。

赤木さんのうるしのうつわ展も24日までです。

ぜひぜひ、比屋根の丘の上へ足をお運びくださいね。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

重箱

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

憧れてやまない重箱。

うるしのなめらかな肌はシルクのように美しく優しい光沢、そこにはハレの日の香りも日常の香りもするから不思議だ。

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

真四角のカンバス。
十人十色の楽しみがつまった重箱です。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

CALEND-OKINAWAへ記事をアップしました

カレンド calend okinawa  Shoka: 赤木明登 うるし 漆

こんにちは。

CALEND-OKINAWAへShoka:の連載をアップしました。

夜もすこしずつ長くなってきた九月、潮の匂いと秋の匂いがまじりあう沖縄です。

十五日から始まった赤木明登 うるしのうつわ展のお話です。ぜひお読みください。

 

「うるしのうつわ」

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , , , パーマリンク