赤木明登 うるしの器展 三日目

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

こんにちは。

昨日はトークイベントと交流会、たくさんの方にお越しいただきとても充実した時間を過ごすことができました。

ほんとうにありがとうございます。

赤木さんの言葉をそのままの熱量で聴くひとたちの心に届けることができる貴重な時間となりました。

勇気をもってきましたといってくださる方もいて、わたしたちもとても嬉しく思っています。

交流会ではみなさん一緒にお手伝いいただいたりと、親戚がたくさん集まってお正月を過ごすような時間でした。
いつもみなさまに支えてもらって、こうして楽しい時間を過ごせているんだなあと感謝の気持ちでいっぱいです。

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

赤木さんの「手」

どっしりとして、そして艶やかな手。

24日まで、赤木さんの哲学的でおおらかな愛情がぎゅっとつまったうつわたちがたくさん並んでいます。

会期中は火曜日もオープンしておりますので、ぜひぜひみにいらしてくださいね。

今日も明日も元気いっぱい比屋根の丘の上でお待ちしております。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

やわらかな時間

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

シマトネリコの木漏れ日がゆらゆら
赤木さんの器と調和して
午後の光が射してやわらかくて美しい時間が流れています。

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

日々葉反椀の赤は日の光のもとで見ると、もっと赤が強まって生々しい生命力が感じられます。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , , , パーマリンク

本日17時までの営業となっております。

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

こんにちは。

赤木明登 うるしのうつわ展、2日目となりました。
つやつやと美しいうるしのうつわたちは、眺めているだけでも心が躍ります。

そして、いままでわたしたちが使ってきたうるしのうつわもみていただけるようにご用意しております。
経年変化や使い心地、お手入れ方法もゆっくりお話しながら楽しんでいただけたらとおもっています。

本日はお話会のため、17時まででクローズとさせていただきます。

お話会はお席がございますので、飛び込み参加も大歓迎です。

気になっている方がいらっしゃったら、ぜひ小さな勇気をもってお越しください。

明日の自分が楽しみになるようなお話がきけると思います。
わたしたちもとても楽しみなんですよ。

14時頃より、作家の赤木明登さんも在廊予定ですので、ぜひお越しください。

比屋根の丘の上でお待ちしております。
桑田

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: , , パーマリンク

赤木明登さん在廊いたします

赤木明登 漆 器 Shoka: 企画展

今日は多くの皆様にきていただきありがとうございました。
少し緊張するな…と言いながら、だんだんと触れるうちに漆の器の懐の深さに直に感じ漆の魅力に魅了されていく方々を見て、こちらもとても良い時間を過ごさせて頂きました。

この写真は去年、輪島の赤木さんの自宅兼工房を訪れたときのひとこま。
遠く離れた石川県輪島からこの企画展のためにやってきてくれます。
明日16日(日)は、赤木さんご本人が一日在廊します。
滅多にない機会ですので、ぜひ皆様お誘い合わせのうえご来場下さいませ。

17:30からはトークイベントを予定しています。
もしまだ、どうしようかな、と迷われている方、飛び込み参加大歓迎です。どうぞ勇気を出してお申込み下さいませ。

人との出会いは人生を変えるものです。
ちょっとしたきっかけが今の自分に繋がっている。ということは、今日の機会が未来を作っていくのですよね。

お申し込みはこちらまでメールにてお申し込みくださいませ。

以下の点にご注意下さい。

◯必ずメールにてお申し込みください。
◯Shoka:の展示期間中はお子様連れも大歓迎ですが、お話に集中していただきたいことから大人のみ(13歳以上)の参加とさせていただきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
◯駐車スペースが限られていますため、車でいらっしゃる方はできるだけ乗り合せのご協力をお願いします。

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: , , , , , , パーマリンク

Calend Okinawa 「暮らしの中の旅日記ー許容」掲載

赤木明登 Shoka: 漆器

Calend Okinawaの田原あゆみの「暮らしの中の旅日記」に赤木明登さんの記事がアップされました。

彼は彼自身の世界観を強く持ち、その中で生きている「一人遊び」の感覚が強い作家。その彼の世界をつかむのにとても時間がかかりました。

人は誰しも自分らしく生きていこうとする中で、いろいろ経験するものです。前回から4年の時をお互いどのように過ごしたのか?そんなことを感じながら書いた記事です。是非皆様に読んでいただきたい。

暮らしの中の旅日記 「許容」

 

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: , , パーマリンク