木彫作家クロヌマタカトシの表現

クロヌマタカトシ

6月28日(金)から始まる『クロヌマタカトシ木彫展「気配」』

みなさまおはようございます。梅雨の雨が激しさを増す沖縄。

今月は楽しみにしていたクロヌマタカトシさんの木彫展が開催されます。

それに合わせて現在記事を書いているところですが、2016年に初めて沖縄で彼の企画展をした時の記事に、彼のバックグラウンドを書いていますので、まだ読んでいない方は以下のリンクよりぜひ読んでみてください。

作家さんも、私も、きっとみなさんもこの3年の間にいろいろのことがあったでしょう。変化の中にいる時も、本質的なことは意外と変わらないものですね。クロヌマ氏の表現も、その根本はしっかりと根を張っていて変わらないものだと感じています。

いい記事が書けるように尽力いたします。掲載はCALEND-OKINAWAへ、24日月曜日中を目指しています。

木彫作家クロヌマタカトシの表現

カテゴリー: rugü essay, お知らせ パーマリンク

クロヌマタカトシ 木彫展「気配」

2019年6月28日(金)〜7月7日(日)
*会期中無休 12時半開場 18時閉場 作家在廊予定 6月28日

感覚に訪れるものがある。
まだその存在に姿はなく、言葉にもならない。
目には見えないけれど近づいたり離れたり。
触れようと手を伸ばし、その音色に耳を傾ける。

微かな兆しを辿り、全感覚を開いて待つ。

先日3年ぶりにクロヌマタカトシ氏のアトリエを訪ねた。氏の木彫を初めて目にした時の世界観は今もなお変わらず息づいている。
一羽のスワンをみてそこに自然界の循環を感じ、同時に刹那と永遠に触れたような気持ちになるのだ。


こんにちは。
Shoka:の庭ではしっとりと湿度のある南国らしい空気が立ち込めています。
鳥がさえずり小雨が繊細な糸のように降る午後、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今月の28日よりクロヌマタカトシ 木彫展「気配」が始まります。

魂が吹き込まれたスワンは、静かでいて迫力のある佇まい。
クロヌマさんの掌から生まれだした生き物たちが、Shoka:を日常とは違う美しい空間へと変えてくれるでしょう。

作品も最終日まで見れるようにしたいと思います。一人でも多くの方に触れていただきたい世界です。

初日6月28日は作家在廊予定です。
穏やかで心が震える美しい時間になることと思います。

ぜひ、比屋根の丘の上へ遊びにいらしてくださいね。

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: , , , , , , パーマリンク

samulo

samulo Shoka:

新しくsamuloのジュエリーたちが届きました。

長い時間を経て、縁があってsamuloのジュエリーとして生まれ変わった石たち。

不思議な色合いの石には、いまにも動き出しそうなほどの生命力を感じます。

samulo Shoka:

samulo Shoka:

大きめのシルバーパーツで作られたちょっと男前なネックレス。

正面はシンプルに。

振り返ったとき「おっ」と印象的な背中。
女性だって、背中で語りたくなるときもあるんですよ。

かっこよさは女性らしさをほんのりと引き立ててくれます。

samulo Shoka:

samulo Shoka:

シンプルなお洋服に、コーディネートにもうひと匙というときに、samuloのジュエリーは寄り添ってくれるような気がします。

ほかにもブレスレットやピアス、イヤリングも届いております。

ぜひ、手にとってご覧くださいね。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

鳥たちのさえずり

梅雨の間の晴れ間、Shoka:の庭では小鳥たちがさえずり、一足はやく蝉の鳴き声が聞こえています。

夏の気配が、其処彼処に。

みなさま、お元気にてお過ごしでしょうか?

せっかくの晴れ間なので、みなさまに素敵なお洋服をご紹介したいなと撮影しました(^^)

愛らしい鳥モチーフのリネンTシャツは、風が吹き抜けてとても心地よい肌触り。
沖縄の夏には肌当たりのよい素材が一番。リラックス感もあり、何気なく着れるのもとてもいいですね。

アーカイブから、キッチュで愛らしいおしゃべりな鳥たちが描かれたドレス。
着ているだけで、心躍る楽しい一枚です。

夏の装いにぴったりの軽やかなお洋服たちがたくさん届いています。

鳥たちのさえずりを聴きながら、一息つきにShoka:へ遊びにいらしてくださいね。

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

雨とガラス

辻和美 ホリホリ ガラス Shoka:

こんにちは。
冷え込んだり、暑くなったりと気温差の激しい毎日ですがみなさまお元気にてお過ごしでしょうか?

ワーペンウエフトが終わり、Shoka:にも日常がもどってきました。

ゆっくりと常設のお洋服や器など、ご紹介しております。

まるで、雨の日の窓硝子のような辻和美さんのボウル。

梅雨時期にはいり、沖縄はまるで水中にいるような南国の湿度に包まれています。
そんな湿度を受け入れてくれるようなガラスの器が、気持ちにぴったりとフィットしてくれるような気がします。

静かな色合いの器や、お洋服や、季節やその日の気候に合わせて選んでみたくなりますね。

Shoka:では春夏のお洋服もたくさん届いております。

今の気分や気持ちにそっと寄り添ってくれるような色味や素材を探してみませんか?

庭では鳥が穏やかにさえずり、とても心地よい朝です。
ぜひ、Shoka:へのんびりした時間を過ごしにお越しくださいね。

比屋根の丘の上でお待ちしております。

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク