混じり合う景色

blog210726

大地と空が溶け合うような美しいグラデーション。
今回、Shoka:で新しくご紹介する2 toneのシリーズです。

blog210726

どしっと深さのある、オバール型のボウル。
とろとろの角煮やごろっとした根菜のスープ、カレーなんかもよさそうですね。

小関さんも普段からよく使っている器なのだそう。

blog210726

口縁部にベージュの釉薬を濃いめにたっぷりと施し、焼成時に流れ出ることで黒い釉薬と混ざり合う層のグラデーションを目指して作られています。

blog210726

釉薬の流れ方や発色、グラデーションの表情は、もちろん焼きあがってみないと分かりません。

器を眺めながめていると、まるで自分自身が土と対話し、釜とにらめっこしているような、そんな気持ちになります。

blog210726

こちらのシリーズは、平小鉢もございます。
程よい深さもあるので使いやすいサイズ感。

一品料理にも、取り皿としても重宝する器です。

blog210726

みんなでワイワイ、おでんやたこ焼きなんてのも楽しそう。

今はまだ難しいですが、家族や友人と楽しく会話をしながら同じお鍋を突き合う、そんな日が早く訪れるといいな。

このグラデーションのように仲良く混じり合うように。

blog210726

明日火曜と水曜は定休日となります。

また木曜日から元気いっぱい小関さんの素敵な作品をご紹介いたします。

 

「Yasuko Ozeki Exhibition」

会期:2021年7月22日(金)~8月8日(日)(会期中 火水定休日)
時間:12:00~17:00

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

銅の美しい変化

今回Shoka:に届いた小関さんの器たち。

たおやかな雰囲気のピンクと凛とした佇まいのグリーン、この2色のカラーがとても印象的です。

まとう空気が異なるふたつのカラーですが、どちらも同じ釉薬を使用しています。

ozekiyasuko-blog210722

すくっと滑らかに立つピッチャー。

こちらは、窯のなかにたっぷり空気を入れて燃焼し酸化させることで、グリーン系の色味に発色します。

ozekiyasuko-blog210722

じんわり滲み出る、エメラルドのような鮮やかなグリーンが美しいです。

ozekiyasuko-blog210722

焼き方によって発色が変わることも、焼き物の魅力のひとつですね。

ozekiyasuko-blog210722

こちらの味わい深いピンク色は、酸素のない状態で焼く還元という焼き方で出る色味だそう。

作品に強い還元がかかるほど、色味も濃く浮かび上がってきます。

きりっとした凛々しいかたちの中に、伸びやかな釉薬の色合いが溶け込んでいて、
この絶妙なバランスが美しいのです。

ozekiyasuko-blog210722

半磁器のしっとりと滑らかな肌質が心地よく、思わず手に取りたくなります。

ozekiyasuko-blog210722

台風の影響が長引いておりますが、小関康子さんの陶器展は8月8日(日)までやっています。

ぜひ、ゆっくりとご覧いただけましたら幸いです。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , パーマリンク

Yasuko Ozeki Exhibition 本日より始まります。

blog210722

みなさん、こんにちは。

本日より小関康子さんの陶器展がはじまります!

blog210722

美しい器たちがShoka:を彩ってくれています。

台風の影響で、まだまだ雨風強い沖縄ですが、
お越しの際は、どうぞお気をつけてくださいね。

blog210722

みなさまのお越しをお待ちしております。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

イベントが無事に終了いたしました。

blog210705

みなさん、こんにちは。
今日も日差しが刺さる暑い1日となりそうですね。

ミナ ペルホネンのPOP UP SHOPが、昨日をもって終了いたしました。

初日から最終日まで、多くの方に楽しんでいただき、私たちもみなさんと贅沢な時間を過ごさせていただきました。

ミナのものづくりは、人と人を結び、希望を与え、喜びを共有する時間まで作り出してくれるんだと、改めて感動しました。

足をお運びいただきました皆さまには、感謝申し上げます。

本日より、Shoka:は常設での通常営業に戻ります。
ミナ ペルホネンのお洋服や小物類も買い取り分が店頭に並んでおります。

お近くにお越しの際は、ふらっと遊びにいらしてくださいね。

blog210705

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: パーマリンク

ミナ ペルホネンの無地の魅力

こんにちは。

ついに梅雨明けした沖縄、いよいよ夏本番ですね!

Shoka: の庭の蝉たちの声もより一層力強くなってきた気がします。

さて、本日もミナ ペルホネンのお洋服をご案内。

ミナ ペルホネン sable

“sable(サーブル)”という名前のテキスタイル

丁寧に梳かしたウールの平織りは、さらっとした肌触りと程よいとろみのある上品なドレス。

ミナ ペルホネン sable

袖を通すことで生地の光沢が美しい陰影となってまるで砂丘の砂のようにも見えてきます。

ミナ ペルホネン sable

両サイドのボックスタックの効果で、綺麗なラインがでます。

ミナ ペルホネン sable

シンプルなラインだからこそ、上質な素材や生地の力が際立ちます。

ミナ ペルホネン sable

アクセサリーやインナーとの雰囲気でコーディネイトが楽しめそう。

ミナ ペルホネン sable

中央に絶妙な分量でタックが施されているので甘すぎないのもいいですね。

ミナ ペルホネン sable

ミナ ペルホネン sable

ミナ ペルホネンのお洋服は、パイピングがアクセントになっていることが多く

その配色にまで心ときめくことがあります。

こちらは、neutraali(ネウトラーリ)のメンズラインのシャツ。

ミナ ペルホネン neutraali nord シャツ

フィンランド語で北を意味する”nord” という名前のテキスタイル

ミナ ペルホネン neutraali nord シャツ

オックスフォード地のコットンシャツは、女性が着ても素敵なのです。

ミナ ペルホネン neutraali nord シャツ

洗いざらしの風合いに微かな光沢があり上品な雰囲気。

ミナ ペルホネン neutraali nord シャツ

ミナ ペルホネン neutraali nord シャツ

ボタンを全部とめると雰囲気がかわっていいですね。

ミナ ペルホネン neutraali nord シャツ

おおきめの両胸ポケットがアクセントになっています。

ミナ ペルホネン neutraali nord シャツ

ウエスト辺りに、さりげなくneutraali(ネウトラーリ)のタグがついています。

お家でジャバジャバお洗濯して着ていくほどに柔らかな風合いになっていくのも楽しみのひとつです。

ミナ ペルホネンのテキスタイルは、美しい刺繍や楽しいプリントが印象的ではありますが、コレクションの中に無地のシリーズもよく登場していてそれがまた刺繍やプリントには無いお洋服になった時にこそ際立つ美しさがあります。

今回のPOP UP SHOPにもneutraali(ネウトラーリ)のシリーズや、無地のお洋服などが来ています!
ぜひ、この機会に直接触れていただけるとうれしいです。

6月18日(金)〜スタートしたミナ ペルホネンのPOP UP SHOPもいよいよ明日7月4日(日)までとなりました。
みなさまのお越しをお待ちしております。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , パーマリンク