紡いでいくこと

hitsujigusa191207

時の流れとともに静かに錆びていく鉄。
古びていくものの姿は本当に美しいものです。

ハンガーラックとして生まれ変わった古材たち。
それぞれもとは何かのパーツとして活躍していて、重ねてきた年月も異なるのだろうけど、こうして新たにラックとして組み合わせることで味わい深さが増し、思わず触れたくなるような愛おしい佇まいが感じられます。

hitsujigusa191207

hitsujigusa191207

hitsujigusa191207

未草のお二人にとって、廃材や古材は宝物と同じような価値のある存在なのかもしれません。
私たちがもう使えないと思って捨ててしまっているものの中にも、そんな宝物が潜んでいるかもしれませんね。

hitsujigusa191207

お子様用の可愛いスタンドハンガーもございます。
お気に入りの一着を掛けて飾ってみるのも楽しいですね。

hitsujigusa191207

hitsujigusa191207

企画展の空間では、未草×haruka nakamura  feat. LUCAのオリジナルの楽曲が流れています。

hitujigusa191207

hitujigusa191207

心の友でであるharuka nakamura とLUKAのお二人が未草のこと想って紡いだ美しい楽曲たち。
どこか切なく懐かしい、心地よい子守唄のようなアルバムです。

写真やPV映像は写真家の大沼ショージさんが手がけていて、彼女のフォト集も付いています。
美しい黒姫の風景や未草のお二人が以前暮らしていた古い米軍ハウスの写真も収められていますよ。

hitujigusa191207

沖縄は連日冷たい雨が降り続いていますが、
そんな中でも足をお運びくださったみなさま、リピーターのみなさま、本当にありがとうございます。

世界はかけがえのないもので、美しく愛おしいものに溢れているんだと改めて感じさせてくれる未草の作品たち。
そんな未草の企画展は明日が最終日です。

たくさんの方にその哲学に触れていただけたら嬉しいです。
みなさまのお越しをお待ちしております。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , パーマリンク

子供部屋

未草 hitsujigusa 企画展 Shoka: 

Shoka:に入って正面には、未草の小さな子供部屋。

愛らしい空間に思わず顔がほころびます。

古い木で作られた小さな机。
机の棚を開けると何が出てくるのだろう。

あの日の描いた絵、クレヨン、色鉛筆、拾った石、小さな葉っぱ。

入っているものがすべて愛おしくなるような佇まいです。

未草 hitsujigusa 企画展 Shoka: 

壁掛けや、飾り棚、ハンガー掛け、小さなパーツはすべて小林寛樹さんの手作り。
古材と組み合わせて、味わいのある家具と生まれ変わります。

未草 hitsujigusa 企画展 Shoka: 

オーダーで長さや組み合わせなど選んでいただけるカーテンレールやタオルかけ、フックなどもあります。ちょうどこいういものが欲しかったと、かゆいところに手が届く心地よさを味わっていただけると嬉しいです。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , , , パーマリンク

部屋を飾ろう

hitsujigusa191206

ネット網のストックバッグ。
食材以外にも、生活雑貨やお子様のおもちゃ入れとしても重宝しそうです。
窓際にぶら下げると、青空が背景となってお部屋の空間がぐっと素敵なものになります。

hitsujigusa191206

こちらの可愛らしい洗たくピンチは、布巾や手ぬぐいなどのちょっとしたものを干すのにちょうど良いサイズ。
植物やお気に入りの写真を挟んで、モビールとして部屋を飾るのもいいですね。

家族みんなの伝言板のように、メモを吊るしても楽しそう。
「明日はお弁当の日」とか「今日は遅くなります」とか「冷蔵庫にアイスあるよ」とか…。

想像が膨らみます。

hitsujigusa191206

未草の生活道具は、暮らしに温かな彩りを与えてくれます。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , パーマリンク

くるま

未草 hitsujigusa 企画展 Shoka: 

木造の船を解体したときにいただいたという木材から、こどものためのくるまへと生まれ変わる。

そろそろ歩き始めの彼にとっては、安心して進むことのできる支えです。
小さなくるまに身を委ねて、楽しそうに走り回る姿には幸せがたくさんつまっていました。

とても愛おしい景色。

未草 hitsujigusa 企画展 Shoka: 

未草 hitsujigusa 企画展 Shoka: 

未草の作品を手にとると、懐かしさと日常の香りがしてほっと心に安心感が灯る。
そして、とても優しい。

未草 hitsujigusa 企画展 Shoka: 

こちらの引きぐるまは子供達に大人気、楽しくて降りたくなくて名残惜しそうにしている子供達が多数でした。

たくさん楽しんでくれてありがとうね。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , , パーマリンク

letter

hitsujigusa191204

どんなに便利な世の中になっても、やっぱり手紙っていいものですよね。
誰かのためにペンをとる時はその人のことを考え温かい気持ちになりますし、もらうとやっぱり嬉しいものです。

未草の便箋と封筒。
シンプルなデザインなので、自由に思いを綴ることができます。

封筒は一枚一枚、庸子さんが手作業で形を整え糊付けをしているので、
じんわりと優しい温かみが感じられますよ。

いつもそばにいてくれる人に、遠く離れたあの人に、
大切な人へ手紙をしたためてみませんか。

hitsujigusa191204

昼下がり、暖かい木漏れ日の中で子犬がお昼寝しています。

今週も心地よい未草の空間で、皆さまのお越しをお待ちしております。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , パーマリンク