秋の気配

ARTS&SCIENCE タートルフォレスト ジュエリー

沖縄の空は、まだまだ夏の色。

けれどお盆が過ぎ、吹く風は少しずつ秋に傾いているように感じます。

半袖や軽やかな素材も重宝しつつも、そろそろ秋冬物のしっとりと味わいのある素材感も恋しくなる頃。

各ブランドから立ち上がりのお品もたくさん届いています。
年中素材の日常に大活躍のものから、フォーマルにも着ていただけるようなお洋服もご用意しております。

個人的に秋冬の素材感がとても好きなので、毎日お店で小躍りしております(^^)
手にとって楽しんでいただきたい素材感のお洋服たち。
ぜひぜひ、ご覧になってください。

まだまだ残暑の厳しい毎日、冷たいお茶をご用意しておりますのでお時間の合う方はゆっくり涼みにいらしてくださいね。

比屋根の丘の上でお待ちしております。

forme 靴

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , , , , パーマリンク

昼下がりにひとやすみ

マトリョーシカ Shoka: グラス 吹きガラス 彩砂 るり

明日からは、お盆休みが始まりますね。
外は30℃を超える暑い日が続いています。Shoka:では昼下がりにひとやすみ、冷たいほうじ茶とお土産で頂いた珈琲専科LOOP の焼き菓子をぱくり。甘酸っぱいほろほろ食感で美味しいのです。

マトリョーショカグラス 小野田郁子 Shoka: 通販

Shoka: では入れ子になったオリジナルグラスのセットを作りました。
サイズの違う個性あふれる3つが重なると、マトリョーシカのようにぽってりとした存在感になるので不思議です。

マトリョーシカ Shoka: グラス 吹きガラス 彩砂 るり

グラスのうちの、真ん中のサイズのものがこちら。柔らかいフォルムで持ち手にもフィットしてくれます。
吹きガラス工房 彩砂(るり)の小野田郁子さんと相談しながらこのデザインに行き着きました。彼女の包み込むおおらかさや明るさを投影したかのような作品たち。Shoka:とのコラボでいつもとはまた少し違う印象かもしれませんね。

とにかく小野田郁子さんのつくるグラスで飲むドリンクは美味しい!
ぜひご体感下さい。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

おともだちになろうね

Shoka:   るきさん 

同じ歳のふたり。3ヶ月おにいちゃんの男の子の方から、「はじめまして」そして「お友達になろうね」のタッチをしてくれました。

はじめの距離間から、徐々に縮まり和んでいくこどもの姿がとても愛らしくて。

Shoka:   るきさん 

大きな白鳥の木彫作品に出会って、ふたりであれこれ感じているようですよ。
二人はいつかまた会えるときに思い出すのかな?

絵本やごろごろできるラグもありますので、夏休みも子どもちゃんファミリーでお立ち寄り下さいね。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , パーマリンク

かわいい訪問者

Shoka: 倉富麻紀 

こんにちは。
連休皆さまいかがお過ごしでしょうか。ゆっくりと過ごされていますでしょうか?
お天気ななめな日々が続く中、かんかんに晴れた日曜日。
気持ち良い日曜日にはたくさんの方がご来店くださいました。

Shoka: 倉富麻紀

Shoka: OGの倉富麻紀さんと娘のるきちゃん。
がちまやーのるきちゃん。すくすく育っていく るきちゃんの姿を見守るShoka:にはお母さんがいっぱい。お腹の中にいるときから知ってるので、 「みんなのるきちゃん」なのです。麻紀さん目一杯子育て楽しんでいるようで私たちShoka:のみんなも嬉しいです。
たまにの週末には、麻紀るき親子にも会えるかも?皆さまShoka:へぜひ遊びにいらして下さいね。

Shoka: 倉富麻紀 るきさん

るきちゃん、またね。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , パーマリンク

formeの靴

forme 革靴 Shoka:

forme(フォルメ)の革靴は、紳士的な雰囲気でどこかハンサム。

デニムと真っ白なシャツ、リラックス感のあるコーディネートにも革靴で全体の印象がしっくりとおさまってくれます。

forme 革靴 Shoka:

この靴はスコットランド発祥の舞踏用シューズが起源のGhillie blucher。
一般的には個性的なデザインのものが多い中、forme(フォルメ)のデザインは洗練されたモダンな印象で、現代のわたしたちの生活にさりげなくフィットしてくれます。

シンプルでいて、かつデザイン性もある不思議な佇まいの靴。
さすがforme(フォルメ)と唸ってしまいます。

forme 革靴 Shoka:

冠婚葬祭には向いていませんが日常にしっくり馴染んでくれるカジュアル感が魅力的な革靴です。
カーフとゴートレザーの組み合わせで、靴の表情もとても豊かに感じます。

また履き込んでいくと自分の足の形に馴染んで、履き皺ができるのも愛おしいのです。
これは手にした人だけが楽しめる特別な経年変化。

スニーカーを楽しむように、ぜひ気軽に革靴を。

足元が変わるとお洒落をすることが、またひとつ楽しくなりそうです。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , パーマリンク