ハンサムなオールインワン

YAMMAblog20200304

YAMMAから新しく登場したジャンプスーツ。
これまでのオールインワン系のアイテムとは雰囲気が一変、クールで大人っぽい佇まいを感じます。

YAMMAblog20200304

スニーカーや革靴との相性も抜群。
ヒールと合わせるとより女性らしさを引き出してくれそうですね。

YAMMAblog20200304

スタッフみんな大好きなダボ袖ジャケット。
ショート丈を羽織ってみました。
うん、ジャンプスーツとも合う!

コーディネートが楽しくなります。

 

YAMMAblog20200304

こちらはリネン素材。
ハリのある会津木綿はスキッとした印象で、軽やかなリネンは落ち感がでて柔らかなシルエットになりますよ。

YAMMAblog20200304

素材が違うとこんなにも雰囲気が変わるのですね。
普段使いにはリネン素材のものを、ちょっとしたパーティーやお食事会などには会津木綿と、シーン別で着こなしてみたい一着です。

それぞれにカラーバリエーションも豊富で、ご自身の身長に合わせて丈の長さも調節できます。

YAMMAblog20200304

丸みのあるダボっとしたシルエットがとても可愛らしいので、
ぜひぜひ、ご試着いただけたらと思います。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , , パーマリンク

大人のトレーナー

YAMMA20200302

現在開催中のYAMMAの受注会。
その中から、ニューカマーの可愛いこちゃんを少しずつご紹介していきますね。

こちらは会津木綿のトレーナー。
リラックス感もありながら、大人の雰囲気をまとったデザインです。

YAMMA20200302

袖のゴムギャザーがメリハリある印象で、丈の長さは2種類から選べます。

ロング丈は、身長が高い方や男性の方にもおすすめです。
新色の“わさび”も柔らかく優しいお色味も素敵ですね。

YAMMA20200302

 

そしてこちらがショート丈。

YAMMA20200302

すらっと真っ直ぐな美脚の彼女に、humoresqueのデニムと合わせてカジュアルに着てもらいました。

ショート丈は女性らしいスタイリッシュな印象にしてくれます。

YAMMA20200302

裾部分のゴム仕様は、ありなしと選べるので、ご自身にあった着こなしが出来そうですね。

YAMMA20200302

YAMMA20200302

春らしい明るいカラーに心がくすぐられます。

自分にぴったりな一枚を探してみませんか。

 

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

丸湯呑みの温かさ

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

手に温かく馴染む丸湯呑み。

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

こちらはShoka:でながく使っているもの。
たっぷりはいって肌さわりもいい。
思わず手が伸びて、Shoka:の定休日以外はほとんど毎日使っています。

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

大地のような貫入がとても美しく、使っているからこそ生まれる艶がなんともなまめかしく色っぽい。
みなさんが手に取る丸湯呑みも、きっとこんな風に育ってくれるのでしょうね。
育てる楽しみがぎゅっとつまっています。

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

ぽってりと愛らしいフォルムのポット。
おおらかで、のびのびとした佇まいです。

手にとって感じていただきたい肌触りです。
ぜひ比屋根の丘の上へ一息つきにお越しくださいね。

 

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

ちいさな春

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

おはようございます。
今日はぽかぽか気持ちの良い天気ですね。

朝出勤すると、
哲平さんの大壺に飾らせていただいた桜が、満開となっていました。

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

哲平さんの力強い作品と可憐に咲く桜、その絶妙なハーモニーがとても美しいです。

Shoka:にも小さな春が訪れています。
哲平さんの焼き物に触れながら、今週もみなさんと楽しい時間を過ごせたら嬉しいです。

みなさんのお越しを、お待ちしております。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

豊かなひととき

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

お酒好きにはたまらない、唐津の片口と酒器。

本を片手に一人で日本酒をちびり。気の合う友人と語らいながら、ちびりちびり。
一人でゆったりと過ごす時間も、誰かと喜びを共有する時間も、優しく寄り添ってくれそうです。

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

鉄平さんの片口は、手取りがよく注ぎ口のキレも程よいです。
付け根部分が少し膨らんでいるので、勢いよく流れ出ることなくゆっくりと注げます。

ドレッシングやソースを入れて、いつもの食卓に並べても楽しく使えそうですし、
出汁茶漬けや、お蕎麦のつゆを入れてもいいですね。
食いしん坊の血が騒ぎます。

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

なんといっても、唐津の味わい深い色味や肌も魅力的です。
少しザラッとしたドライな質感が、使い込んでいくことでどのように変化していくのか、とても楽しみな焼き物ですね。

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

小野哲平 企画展 土がある Shoka:

片口と酒器のセットで、中国茶や台湾茶なども気軽に楽しめそうです。
器を選ぶとき、こうして使い道をあれこれ考えることも楽しいひと時です。

明日火曜日は定休日となりますが、まだまだお手にとってご覧いただける美しい器たちが並んでおります。
ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , パーマリンク