ARTS&SCIENCEの藍染

ARTS&SCIENCE 藍染 Shoka: 通販

こんばんは。

新年のお慶びといっしょに、ARTS&SCIENCEより藍染のお洋服たちが届きました。

天然染独特の色味は、味わいと個性が凝縮した美しさです。

手にとってみていただけたら幸いです。

どうぞこの週末、比屋根の丘の上へ遊びにいらしてくださいね。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

あけましておめでとうございます

Shoka: 年始

新年明けましておめでとうございます。

沖縄は年末年始と暖かく、過ごしやすい天候でした。

新しい年を迎えるといつも何か物語の章が変わるような不思議な感覚がありませんか?

今年は特にその感覚が強くあります。日常って繰り返し同じようなことをする側面ってあるのですが、そんな繰り返しの中に新しい風が吹き込んでくるような感覚。

その風が、今までとは違う時間を運んでくるような、今まで観たことのないような新たな景色が生活の中に現れるような。

もちろんいい意味で。

Shoka:も今の場所でこのような形となってから今年で丸8年。4月からは9年目に突入します。

この2019年は素敵な方たちと行う企画展も目白押し。

1月は25日からGABBEHが久しぶりにやってきます。

その青い海のようなGABBEHの心地の良さに、ごろんと寝転んだり、手のひらでさわさわと撫でてみたり。

GABBEHを持って来てくださるのは、日本にGABBEHを紹介したご本人。岡山のGallery ONOの小野善平氏。

2013年の企画展の時の記事は以下からどうぞ。

「人から人へ 手から手へ GABBEHのぬくもり」

カラフルな柄が織り込まれたgabbehもいいですが、私は無地に近いものも大好きです。抽象的であればあるほど、空想や想像の入り込むスペースが広がるから。

さあ、2019年もまだ真っ白いスペースが有り余っています。そこに様々な景色を織り込んで行くのは私たち自身。

どんな模様が織り込まれるのか、その設計図を作ってみようと思います。

頑張らないくらいの決意と、今年叶えたいこと、起こって欲しいこと、出逢いたい物事や人々。楽しく思いを巡らせながら。

皆様にとって豊かさに溢れた素晴らしい一年になりますよう、心から願っております。

今年もShoka:の空間とスタッフ、そして私共々どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: パーマリンク

今年も一年ありがとうございました。

こんにちは。

あっという間に年の瀬ですね。

今年の営業が昨日まででした。

今年一年企画展も多くひらくことができ、作家さんやたくさんのお客さまにお越しいただいてとても素敵に楽しい一年となりました。

みなさまへの感謝で胸がいっぱいです。

本当にありがとうございました。

今日はみんなでShoka:を磨いて、来年またみなさまを気持ち良くお迎えできるように大掃除しております。

2019年の初商いは1月3日となっております。

今日以降のお問い合わせについては、初商いの1月3日より順次お返事いたしますのでご了承くださいませ。

来年1月はgallery ONOの心厚い紳士 小野善平さんをお迎えしてガベ展がありますので楽しみにしていてくださいね。

また年明けにみなさまとお会いできること、とても楽しみにしております。

どうぞよいお年をお迎えくださいね。

Shoka:一同

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: パーマリンク

こんにちは。

Shoka: 

12月だというのに、一足早く庭のピンクボールが花を咲かせはじめました。

あわてんぼうなのは、サンタさんだけではないようですね。

今日はクリスマス、大事なあの人へ今年も一年ありがとうの贈り物はいかがでしょうか。

三連休の最後の一日、Shoka:へ花を眺めに、あの人への贈り物を探しに、ゆっくりお洋服や器をみたいなー、という方も。

一緒にゆっくりとお話ししながら、せわしない年末の中にぽっかりとあるエアポケットのような時間を味わいませんか?

比屋根の丘の上で、今日も元気いっぱいお待ちしております。

 

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

formeの靴がお店に届いています

forme Shoka 靴 
formeの靴がお店に届いています。
formeは職人の心意気が感じられる美しい靴。私にとって、良いお洋服を着た時にしっくりとまとまってくれる、上品なとても心強い靴です。正面やうしろどこを見てもとても美しいフォルムで、キメの細かい艶やかで上質な革。
靴は半年かけて職人たちの手でじっくりと丁寧につくりあげられています。
分業で成り立っている靴作り。上品な佇まいの靴たちに触れると、丁寧な仕事の結晶が集まって私たちの見える世界に到着しているのだな〜、とうっとり。

forme   Shoka   靴 バゲッタ タンニン鞣し balmoral    Blucher

6月に行ったイベントでご注文頂いたformeの靴が続々と届き、みなさまの分が揃いました。

イベントに来れなかった方には嬉しいニュースです。店頭でも、すぐにお待ち帰りできるものもご用意しています。半年前にそんな方々のためにオーダーをしていたのですよ。
美しいシルエットが、また履きこむことで自分の足に馴染んでいき、オリジナルの履き心地に育てるのってなににも代え難い楽しみのひとつですよね。

forme   Shoka   靴 バゲッタ タンニン鞣し balmoral    Blucher

forme デザイナーの方からお話を聞くと、足の構造自体は日本人や東洋人、西洋人とも大差はなく、その構造に基ずいて試行錯誤を繰り返しながら何年もかけて木型を作りこんでいき現在のデザインになったそう。
大半の木型は大量生産しやすいように作られているので、足の細かい構造までは反映されていない現実があり、細かいところまで追って削り削って、やっと今の木型に行き着いたのだそう。
そうして生まれた木型をもとに、数々の職人さんの手が加えられformeの靴が完成されています。

私もオーダーをしたひとりで、ハーフラバーを貼りに頼みにいったら、そこのおやじさんも「ん?国内産だね。すごく良い靴だね」と手に取るなりすぐにそうおっしゃっていました。
買うにはまだまだ。。という方もご遠慮なさらずに、ぜひぜひ手にとって味わって頂きたいです。

イベントでご注文くださった方々、どうぞお早めにお手元においてかわいがってあげて下さいませ。

贈り物を探されている方、またお正月に向けてお洋服を探されている方などなど、微力ながらみなさまのお役に立てるよう年内の営業は27(木)までオープンおりますので、どうぞお立ち寄り下さい。

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: パーマリンク