「うりずんの色」カレンド沖縄に寄稿しました。

                        

カレンド

こんにちは。

辻和美+factory zoomer「urizom」が始まり、多くの方にお越しいただきほんとうに嬉しい毎日です。ほんとうにありがとうございます。

先日カレンド沖縄に寄稿しました。

こちらもぜひ、ご覧になってくださいね。

「うりずんの色」

そして、以前にオーナー田原に同行させてもらい辻和美さんの工房へ訪れたことは、わたしにとっても楽しく特別な時間となりました。

先日カレンド沖縄で田原が辻さんの工房を訪れた時のことを書いているのですが(「辻和美 + factory zoomer 形と空気」、同行した時の楽しかったことがたまらなく思い出されて、やはり感じたことをお伝えしたいなと思いました。

ぜひ、わたしの探訪記も読んでいただけたら嬉しいです(^^)

桑田

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ガラスの見る景色」

DSC09184.jpg

春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ。

2017年の秋 夕暮れの美しい頃。

オーナー田原とともに辻和美さんの工房を訪れた。

ちょうどいい季節の金沢は、空気が澄んで空が広い。

DSC09181.jpg

だんだんと群青色に変わる空と、目の前には葡萄畑が広がっていた。

長閑な風が吹き抜けるように気持ちのいいこの場所で、辻さんはガラスを吹いている。

大きな窓越しの製作風景は外の長閑な景色とは一味違う、人と窯の熱量を感じる景色だ。

辻さんは凛とした佇まいで窯の前に立ち、こちらも思わず背筋が伸びる。

DSC09210.jpg

ガラスを成形するための温度は1100℃、想像もつかないような熱さでごうごうと火がともっている。

高い熱を持ったものと対峙するということは、気力も体力もたくさん必要で命がけだ。

毎日の暮らしの中で、ひとつのことを続けていくこともとても難しいことなのに、日々それを続けている辻さんの熱量の源はいったいどこにあるんだろうと思う。

吹いて、試して、それを何度も淡々と繰り返していく。

試作を幾度となく重ねて悩ましい時間も、辻さんは生き生きと楽しそうだ。

うまくいかないなあ、なんて笑いながら、繰り返し繰り返し窯の前で硝子と向き合っている姿がとても美しかった。

「このニュアンスがすごく難しいんだよね。何度も作ってみるけど、納得のいく形までが難しい。」

そう話しながら、表情は軽やかで楽しそうなのがとても印象的だった。