平家めぐみさんの新しい仕事

Shoka:

2016年の秋、鳥取から沖縄に移住してShoka:で働いている平家めぐみさんが転職します。Shoka:では8月18日までの勤務となります。

ニコッと笑うと周りがパーっと明るくなる、春の花のような彼女はもともと香りとアロマのマッサージで、人を芯からリラックスさせるお仕事をしてきました。

その道をより深く極めたいと、嘉手納にあるFROMO(フローモ)さんに勤務することになりました。自社で養蜂を営みその蜂蜜を活用した手作りの石鹸や化粧品の開発もしている品質志向の工房兼ショップ。とても素敵な試だと感じます。

皆様めぐみさんは17日(金)、18日(土)が最後の出勤となります。ぜひ次の門出を祝ってあげてくださいね。そしてぜひ、フローモさんへも足を伸ばしてくださいね。

彼女は個人でアロマのマッサージも受け付けています。彼女の柔らかな手のひらからは、じわーっと温かなぬくもりが伝わってくるので全身ふにゃふにゃになること間違いなし。

Shoka:に案内を置いていますのでどうぞ手にとってください。

そして素敵な新スタッフが8月から勤務しています。また改めて彼女の紹介もいたします。

店主

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: パーマリンク

企画展のスケジュールを更新しました

赤木明登 Shoka:

晩夏。

台風の多い夏ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

比屋根の丘の蝉たちの鳴き声が変わってきました。まだまだ秋の気配とまではいきませんが、今年も後半に入っているんだな、という感じはじわじわとしてきました。

南の島の時間は今とちょっと先二眼を向けて流れて行っているような感覚。年間スケジュールを乗せるときが遠くなってしまって、ついつい来月までのイベント告知で精一杯な私たちです。

が、要望がありましたので頑張って2018年後半の企画展情報を掲載しています。

大まかなものですが皆様覗いてみてくださいね。

夜の雨音を聞きながら。

店主

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: , パーマリンク

新しいお洋服が届き始めました。

ARTS&SCIENCE Shoka:

こんにちは。

郡司さんと竹俣さんの企画展では、たくさんの方にきていただきとても楽しい時間となりました。

本当にありがとうございます。

常設でもカトラリーや器を置いておりますので、この企画展で見逃した方や使ってみてよかったという方もぜひ見にいらしてくださいね。

さて、八月に入り夏も盛り。

各ブランドから少しずつ秋冬のお洋服が届き始めました。

秋冬といっても、夏でも袖を通せる軽やかなドレスやブラウスもたくさん入荷しております。

心ときめく一枚を、ぜひみつけにいらしてください。

比屋根の丘の上でお待ちしております。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

本日企画展最終日です。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

こんにちは。

雲の流れが早い午後、みなさまいかがお過ごしですか?

竹俣勇壱+郡司庸久 慶子企画展 「ぬくもりと粋」

本日最終日となっております。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

郡司さんの器には、いろんな表情があってみるたびにハッとする。

同じようでいて、同じではないということは、細やかな違いとじっくり語らうような余白があってとても楽しいのです。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

大胆な表情もいいものですね。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

ぜひ、お時間のあうかたは比屋根の丘の上へ足をお運びください。

ゆっくりとした休日を過ごしましょう。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク

アメ釉イッチン

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

こっくりとしたチョコレートのような黒糖のようなどこか甘さのある肌に、
のびのびと描かれた花。

手にどっしりとした重みは、どこか安心感もあります。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

あえて華奢なカトラリーを合わせて。

ほっそりとした持ち手、ころりと愛らしいすくい。

そこには、ただ「美しい」という理由で手にとってしまう事実があるのです。

郡司庸久 慶子 竹俣勇壱 カトラリー Shoka:

アメ釉イッチン、いろんなのびやかさが描かれていてわくわくしますよ。

ぜひ、手にとってみてくださいね。

比屋根の丘の上でお待ちしております。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 パーマリンク