CALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS 小林史恵さんのトークイベントへどうぞ

CALICO Shoka: 

インドの色彩はやはりその国の自然や環境からもたらされるのでしょうね。日本人の私たちの感覚とはまた違う鮮やかな彩りは、どうしてこんなに多様な色がまぜまぜなのに調和しているの〜〜?と驚くばかり。

久しぶりに登場するオーナーのあゆみ(よくアンコ姐さんと呼ばれています)です。その異文化インドと日本を行き来して仕事をする小林史恵さんはかなり魅力的な方なのです。私は常に心が動いた人との仕事を心がけておりますが、彼女に感じているのは、「次世代を担う仕事」に、今取り組んでいる勇気と行動力に溢れた人だということ。

そうなのです、いつかこうなったらいいな、という未来像は多くの人がイメージの中に持っています。それもとても大切な事だと思います。そんな人が増えると、その中から実行できる人や物事が生まれてくるのだと信じているから。

ただ、そんな世界を実現させるには行動を起こす事でしか実現しないのがこの世の真理。地球は行動と結果の星なのでした。私の中には「金持ちになって世界中を旅して回りたい」というような我欲があります。そうなったら幸せなような気がしますが、実際人間は一人でお金を持って好きな事をしても満たされないという複雑なところがある事も知っています。年の功のなせる技ですね。

で、どんなことに深い喜びを感じるかというと、嬉しさ、豊かさ、楽しさを誰かと分かち合った時に感じる喜びが深く、幸せにつながっているということ。これがお金だけで得ることができないまことの幸せなのかしら、と。

現実的な言葉で言うと、人と共に働いて(過ごして)、まっとうなことを経験しながらこうなったらいいな、と感じることを形にしてゆく。形にしてゆく中で得る喜びが人を幸せな状態にするということ。人生後半、ここに至ってひしひしとそんなことを感じているのです。

形にするのには行動が必要ですし、行動に移すのには勇気が必要です。

前振りが長くなってしまいましたが、小林史恵さんのCALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICSの活動には彼女が「見たい社会を自分で作る」、という意志が軸となって成り立っています。彼女とその活動を知れば知るほど、勇気を持った一人の人間の行動が多くの人の次の行動へつながってゆくことの素晴らしさを感じずにはいられないのです。

CALICOの服や布は、ただ美しいだけではない。そこには関わる人すべての自立を見据える小林史恵さんの哲学が息づいていて、逞しさと知性が感じられるのです。

「言うは易し、行うは難し」。有名な格言ですが、その「難し」の世界に足を踏み入れた人と共に過ごす時間はとても貴重です。勇気はうつるんです。

というわけで、まだまだたくさんの方に聴いてほしい触れてほしい、時間を共に過ごしたい。そう願う店主は言わずにいられません。トークイベントにどうぞ、と!詳細は以下からどうぞ。

詳細はこちら

小林史恵 CALICO anco

本人は「秘宝を追い求めて、手に入れた」的な大袈裟な感じがする〜〜と、おっしゃっていましたが、私は好きですぞ、この写真。インドの小さな村のカディをおるための小屋にて、織り手の方とお話をしている小林史恵さん。ステキな女性です。

 

 

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: , パーマリンク

来週から

CALICO カディ シルク Shoka: 企画展

こんにちは。

雨の匂いが心地いい週末、みなさまいかがお過ごしですか?

来週から、これからくる夏が楽しみになるような企画展が始まります。

「CALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS展」
4月27日(金)〜5月13日(日)12:30~18:00   *会期中 火曜休*
CALICOデザイナー 小林史恵さん在廊日 27日(金)28日(土)

開催にともない、CALICOデザイナー 小林史恵さんと「+意思 縦糸と横糸の景色」トークイベントをいたします。

2018年4月28日(土)17:00~19:00 (開場16:30)

詳細はこちら

ぜひ、お時間の合う方はお誘い合わせのうえ、おこしくださいね。

一緒に、とびきりたのしい時間を過ごしましょう。

スタッフ一同

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , パーマリンク

CALEND-OKINAWAへ記事をアップしました。

CALEND-OKINAWA カレンド沖縄 Shoka:

こんにちは。
ここ数日、雨と寒い日が続きましたね。

今日はすっかり晴れて心地よいお天気です。

みなさま、元気にお過ごしですか?

CALEND-OKINAWAへShoka:の連載をアップました。

 

これから迎える初夏に向けて素敵なお洋服をご紹介しています。

ぜひ、ごらんになってくださいね。

「色と素材を楽しむ初夏」

カテゴリー: rugü essay, お知らせ タグ: , , , , , パーマリンク

心地よさ

ARTS&SCIENCE Shoka:

こんにちは。

雨が降ったりちらっと晴れ間が見えたりの週末、みなさまいかがお過ごしですか?

Shoka:では四月に入り、各ブランドからこれからの季節にとてもいい素材で仕立てられたお洋服やストールがたくさん届いています。

天然染や、軽やかなリネン、柔らかなコットン、うっとりするような肌触り。

男性にも女性にも楽しんでいただけるものも、ご用意しております。

ARTS&SCIENCE Shoka:

お家のようにゆっくりと過ごしていただけたらとても嬉しいです。

ぜひ、比屋根の丘の上へ遊びにいらしてくださいね。

 

桑田

カテゴリー: rugü essay, 日々 タグ: , , , パーマリンク

お元気ですか?

田原あゆみ Shoka: 沖縄

お久しぶりです、Shoka:オーナーのあゆみです。

今年に入って昔からずっと行ってみたかった魅惑の国インドへ行くことができました。何となく行くよりもか特別な用事ができた時に行きたくて機会を伺っていたのですが、東京のギャラリーfudokiさんの紹介で出会ったCALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICSの小林史恵さんのお仕事を取材するという強力な目的ができたので、拳を太陽に力強く挙げて行ってまいりました。

インドは不思議な国です。様々な時代のものが一つの風景になって目の前に現れる。人力車、タイのトゥクトゥクのようなオートリクシャー、自転車の後ろに乗り合いのボックスが付いたような乗り物、そしてそこにハイブリットカーのような現代的な乗り物も混じって、ともに砂塵を巻き上げながら走っています。

人々の着る服も様々。伝統的なサリーを着る人、カジュアルにジーンズを着こなす人、現代的なスーツ、写真の男性が来ているルンギを身に纏う人々。

今思い出しても、ほんの一部しか見ていないのだろう彼の国が私の想像をはるかに超えた時間と歴史を刻んでいることだけは確かです。

2018年の始まりがあまりに濃かったので、なかなか文章にする前に毎日を生きることに無我夢中でした。さて、そろそろその経験たちを噛み砕いて味わって記事にしてまいります。「大人読本」も再開します。みなさまどうぞ楽しんでくださいね。

そうそう、小林史恵さんのお仕事が大変素晴らしくて感激しています。美しい布で仕上げられた、私たちの現代生活を楽しむ服。一本筋の通ったすっとした美しさは、彼女のあり方が反映されています。志と知性、美、行動力の四本柱がしっかりとしたCALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICSのお洋服たち。4月27日から企画展が始まります。

彼女とのトークイベントもかなり愉しみです。これからの時代をたくまし生きて行こうとしている全ての人に参加していただきたい。そう願っています。詳細はこちら

カテゴリー: rugü essay, タグ: , , パーマリンク