たかはしよしこさんのお料理

ミナ ペルホネンの来春夏のコレクションの交流会で、エジプト塩のたかはしよしこさんのお料理をいただきました。

今回のコレクションのテーマをイメージして、楽しくセッティングされたお料理と植物達のうつくしいこと、楽しいこと。

 

食べるのがもったいない位。

交流会には素敵な方達が参加されていて、とても楽しい時間を過ごしてきました。

お料理は、人にダイレクトにエネルギーを与えてくれる必要不可欠なものであり、またライブ感溢れるアートでもあるのだということをたかはしさんのお料理から感じました。

カレーもおいしかったなあ。

夢中になってお話ししていたら、あっという間に時間は過ぎて写真も撮り損ねてしまいました。

もう一度昨日に戻りたい、そう思いつつ書いています。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: パーマリンク

TOUJOURS 布の力

TOUJOURSの素材はどうしてこんなに気持ちがいいのだろう。

しなやかで肌をやさしく包むコットンはしっとりとしている。

布のドレープがとてもやわらかくて、

動きが優雅になってくる。

紐を結ぶ時に感じる特別な感覚。

ボタンを締めるときとはまた違う、利便性とは反対の。

一手間かけるいとおしさ。

毎日着たい、やさしい服だ。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: パーマリンク