包み込むうつわ

小野哲平

哲平さんのうつわへは、考えるよりも前に手が伸びてしまう。

触ってみたくなる。

窯に置いた場所によって陶器の肌の色や質感が全く違ってくる。

溶けて柔らかく色が絡み合ったような世界に見入ってしまう。

小野哲平

ほら、ね。

手のひらで包んで、感触を味わってみたくなりませんか?

ほうじ茶、茎茶、野草茶、時にはコーヒーをこのうつわでは飲んでいます。

両手で包んで、手のひらでも温もりと肌の感触を味わいながら。

小野哲平

小野家で一番人気があるという唐津の大皿を水盤にして。

唐津のマットな渋い肌が、中に入れるものを浮き上がらせてくれる。

手で触ったときの感触は少しざらっとしていて、土の感触がひんやりと手に伝わってくる。ひんやりとしているのに、温もりがある。

小野哲平

お話会の時に印象に残った言葉の一つ。

「社会に対する違和感を、反旗を翻すのではなくて包み込むことで、大切なことがあるんじゃないの、ということをうつわをつくることを通して表現している」

ということ。

美術と芸術は、生活道具の世界からは除外されていたのだけれど、哲平さんの生活のうつわは、美術手帳の表紙を飾ったのだそうです。

一度是非、小野哲平さんのうつわに触れにいらして下さいね。

3月9日(日)まで開催です。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , パーマリンク

ちくちくワークショップの申し込みまだ間に合います

早川ユミ 休み明けの水曜日からワークショップの受付を開始しようと設定したつもりだったのですが、1週間飛ばしてしまっていました。皆様、受付開始は以下の通りですので、メールにてお申し込み下さいね。お友達にもお知らせして頂けたら助かります。よろしくお願いいたします。他にも、お食事会とお話会を予定していますので、また追ってお知らせいたしますね。

受付スタートは2月19日(水曜日)12:00~です。

****************************************

早川ユミのちくちくワークショップ

好奇心旺盛で、くらしにまつわる様々な事に興味津々の早川ユミさん。ミツバチの巣箱を置いて、日本ミツバチの生態に触れる事で土地のリズムを感じたり、高知県谷相の山間の村で畑を耕し植物の成長に自然のささやきを聴いたり、大好きなアジアを旅したり。そのユミさんがライフワークにしているのが、ちくちくと愛着を感じる布を縫って、服を作るという事。その服は日常や旅で活躍する生活の服。 見た目よりずっとパワフルでたくましい女性ユミさんと一緒に、ちくちくと普段使いのバッグを縫うワークショップです。 みんなでわいわいがやがや楽しくバッグを作って、好奇心が形になるよろこびをバッグに入れて持ち帰り!そんな楽しい会になるでしょう。 先着順に受け付けていきますので、皆様早めにお申し込み下さいね。

開催日時     2014年 2月 28日(金)

第1回 10:00~12:30 (定員20名)

第2回 15:00~17:30   (定員20名)

参加費 一人4500円 材料費込み(飲み物とお菓子つき)

持ち物 糸切りはさみのみ(バッグの材料や、糸と針などは開場に準備してあります)

場所           Shoka: 沖縄市比屋根6-13-6  tel 098-932-0791

***************************************

○お申し込み方法


1.参加者名(全員のお名前を書いてください)

2.連絡先(ご住所・携帯電話番号・メールアドレス・車の台数)

3.メールのタイトルに「お話会参加希望」と必ず書いてください。 申し込み先 Shoka:スタッフ 金城&佐野  info@shoka-wind.com

までメールにてお申し込みくださいませ。

お申し込みはこちら

以下の点にご注意ください


◯必ずメールにてお申し込みください。


◯Shoka:の展示期間中はお子様連れも大歓迎ですが、お話に集中していただきたいことから大人のみの参加とさせていただきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


◯駐車スペースが限られていますため、車でいらっしゃる方はできるだけ乗り合せのご協力をお願いします。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , パーマリンク

小野哲平 早川ユミ トークイベント開催

哲平&ユミ

小野哲平さん、早川ユミさん トークイベント

「くらすこと 生きること ぼくたちのくらしの中から生まれる 服とうつわ」

日時   3月1日(土)
開場   18:00
開演   18:30 ~ 20:00

高知県谷相の山の上の小さな村に住んでいる哲平さんとユミさん。手仕事が好きで、服をちくちくと作ったり、畑をしたり、暮らしに関わることならなんでも興味津々のユミさん。「おれは土さえ触っていたらいいんだ。この仕事が大好きなんだよ」と言い切る陶芸家の哲平さん。住んでいる大地にしっかりと足をつけてくらすことと、旅に出てそこから有形無形を持ち帰ってくることの循環が彼らの暮らしに何をもたらして、どんなことが生まれているのか。田原はそこにとても興味があります。とても感受性豊かで、生き生きとしている2人からいろんなお話を聴くのが楽しみでたまりません。そんな2人の話を聞きたい!という仲間を募集します。

○お申し込み方法

1.参加者名(全員のお名前を書いてください)

2.連絡先(ご住所・携帯電話番号・メールアドレス・車の台数)

3.メールのタイトルに「トークイベント参加希望」と必ず書いてください。 申し込み先 Shoka:スタッフ 金城&佐野

お申し込みはこちらまでメールにてお申し込みくださいませ。
以下の点にご注意下さい。

◯必ずメールにてお申し込みください。
◯Shoka:の展示期間中はお子様連れも大歓迎ですが、お話に集中していただきたいことから大人のみの参加とさせていただきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
◯駐車スペースが限られていますため、車でいらっしゃる方はできるだけ乗り合せのご協力をお願いします。

※DMに記載いていました28日夕方のトークイベントが、日程の都合で3月1日夕方へと都合により変更しました。ご了承下さい。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , , パーマリンク

on line shop 模様替え中です

Shoka:

だんだんと春らしい陽気になってきた沖縄。

ただいまon line shopを模様替え中です。

ARTS&SCIENCEとTOUJOURSはカートを置く通信販売が出来ないので、stores.jpのon line shopへの掲載が出来ません。

なので、Shoka:のHP内で閲覧できるようただいま改装中です。

なので、新しく入荷したお洋服たちはShoka:のHPの商品情報をクリックすると見ることが出来ます。

商品情報

改装工事が終了しましたら改めてご報告しますね!

いいお天気です。皆様素敵な一日を。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: パーマリンク

早川ユミさんちくちくワークショップのお知らせ

早川ユミ

3月1日から始まる、小野哲平 早川ユミ企画展「くらすこと いきること ぼくたちのくらしの中からうまれるうつわと服」に併せて、早川ユミさんのちくちくワークショップを開催します。

参加要項をお知らせいたしますので、参加ご希望の方は以下のメールにご記入の上お申し込み下さいませ。

受付スタートは2月19日(水曜日)12:00~です。

****************************************

早川ユミのちくちくワークショップ

好奇心旺盛で、くらしにまつわる様々な事に興味津々の早川ユミさん。ミツバチの巣箱を置いて、日本ミツバチの生態に触れる事で土地のリズムを感じたり、高知県谷相の山間の村で畑を耕し植物の成長に自然のささやきを聴いたり、大好きなアジアを旅したり。そのユミさんがライフワークにしているのが、ちくちくと愛着を感じる布を縫って、服を作るという事。その服は日常や旅で活躍する生活の服。

見た目よりずっとパワフルでたくましい女性ユミさんと一緒に、ちくちくと普段使いのバッグを縫うワークショップです。

みんなでわいわいがやがや楽しくバッグを作って、好奇心が形になるよろこびをバッグに入れて持ち帰り!そんな楽しい会になるでしょう。

先着順に受け付けていきますので、皆様早めにお申し込み下さいね。

 

開催日時     2014年 2月 28日(金)

第1回 10:00~12:30 (定員20名)

第2回 15:00~17:30   (定員20名)

参加費 一人4500円(飲み物とお菓子つき)

場所           Shoka:

沖縄市比屋根6-13-6

098-932-0791

***************************************

○お申し込み方法


1.参加者名(全員のお名前を書いてください)

2.連絡先(ご住所・携帯電話番号・メールアドレス・車の台数)

3.メールのタイトルに「お話会参加希望」と必ず書いてください。 申し込み先 Shoka:スタッフ 金城&佐野 お申し込みはこちら までメールにてお申し込みくださいませ。

以下の点にご注意ください


◯必ずメールにてお申し込みください。


◯Shoka:の展示期間中はお子様連れも大歓迎ですが、お話に集中していただきたいことから大人のみの参加とさせていただきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


◯駐車スペースが限られていますため、車でいらっしゃる方はできるだけ乗り合せのご協力をお願いします。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , , パーマリンク