安藤雅信氏トークイベントを開催します

安藤雅信

「安藤雅信氏トークイベント お茶の時間」

日時   2月7日(金)
開場   18:00
開演   18:30 〜 20:00
作陶家の安藤雅信さんの企画展に合わせて、トークイベントを開催します。ギャルリ百草の空間のこと、作陶家になる迄のストーリー、作家の作品が日常を離れて高額で売買されていたバブル期のあり方にアンチテーゼを翻した情熱家、甘い物好きなお茶目さ、安藤氏のお話は論理と感情と両方が豊かで興味深いのです。作る人も、使う人も、興味のある方は是非ご参加下さい。田原は安藤さんに突撃インタビューしようと燃えています。
○お申し込み方法

1.参加者名(全員のお名前を書いてください)
2.連絡先(ご住所・携帯電話番号・メールアドレス・車の台数)
3.メールのタイトルに「お話会参加希望」と必ず書いてください。 申し込み先 Shoka:スタッフ 金城&佐野 info@shoka-wind.com までメールにてお申し込みくださいませ。
以下の点にご注意ください

◯必ずメールにてお申し込みください。

◯Shoka:の展示期間中はお子様連れも大歓迎ですが、お話に集中していただきたいことから大人のみの参加とさせていただきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

◯駐車スペースが限られていますため、車でいらっしゃる方はできるだけ乗り合せのご協力をお願いします。
カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , , パーマリンク

trippen シューズ入荷予定

trippen

trippenの入荷予定が決まりましたのでお知らせいたします。

私の好きな形のtrippenの靴がShoka:へ入ってきます。

好きな色と形があったら、メールにてご予約をどうぞ。

全色前サイズを入荷する訳ではありませんので、ご了承下さいませ。ものによっては無いものもあるようです。

 

入荷予定の形は以下の通りです。

trippentrippen bom

trip pen  Bomb  チャコールグレー × オフホワイト

サイズ (35-22.5~23cm 36-23~23.5cm   37-23.5~24cm   38-24~24.5cm   3924.5~25cm)

柔らかい革で、経年変化でしなやかに、くしゅくしゅとしてくるのが魅力の一足。

脱ぎ履きしやすく、年中履ける魅力的な形です。ベルトは取り外すことが出来るタイプ。

trippen bomtrippen bomtrip pen  Bomb  ブラック×ブラック

サイズ (35-22.5~23cm 36-23~23.5cm   37-23.5~24cm   38-24~24.5cm   3924.5~25cm)

trippen Khutrippen Khu  プラチナ

サイズ (36-23~23.5cm   37-23.5~24cm   38-24~24.5cm )

この色の靴は意外と会わせやすいのです。経年変化の味わいも結構個人的に気に入っています。panのシリーズと同じような軽い靴です。

お問い合わせは、info@shoka-wind.com までどうぞ。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: パーマリンク

日々、「好日を淹れる」

安藤雅信

とても楽しみにしていた、安藤雅信さんのお茶周りのうつわ展が今年のShoka:の第一回目の企画展です。

安藤さんのコーヒーカップや、お茶周りのうつわがずっと欲しかったのでわくわくしています。

今日DMの入稿が済んだので、皆様にまずはご報告です。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: パーマリンク

お茶目なあなた

安藤明子

3年前に知り合ったのに、ずっと前から知っているような気持ちになってしまう人。

安藤明子さん。

昔一緒のクラスにいた同級生のような、そんな気持ちになってしまう。彼女のお茶目さが大好き。そんな明子さんから私の大好きなものが届きました。

IMG_4816

彼女の提案する現代の衣服。サロンは私にとって洋の服にはない魅力ある衣服なのです。

よし、今日はやるぞ〜〜〜!という気持ちの朝、私はサロンできゅっと腰を包んで背筋を伸ばす。

筒型の布で腰を巻き付けると、背筋が伸びてしゃんとする。元気が出てくるのだ。

安藤明子

私がこの世で大好きな果物の一つ。それは柿。

さっきも果物のことを書いたけれど、年末にはこんな素敵なギフトが日本中を行き交い。人々に笑顔をもたらしているのでしょう。

私もそんな一人です。生きていて良かった〜〜〜〜〜〜〜。

こちらもまたみんなと一緒に嬉しく楽しくいただいて、笑顔の人を日本に増やしたいと決めた、冬の朝。

南国沖縄も今朝は冷えていますが、心はぽかぽか。

ありがとう明子さん。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , パーマリンク

松本から沖縄へ 三谷龍二さんからの贈りもの 

三谷龍二

朝日を浴びて輝いているのは、松本の三谷龍二さんから届いた林檎たち。

なんてなんてうつくしいのでしょうか。

フルーツや木の実のうつくしさは、宝石に劣らないと個人的に思っています。

何よりも良いのは、食べられるという事。

おいしくて、綺麗で、自然ってなんてすばらしいギフトを私たちに下さるのでしょうか。

しかも、大好きな友人からの贈りもの。

三谷龍二

今年の10月にギャルリ百草の15周年企画へ行った時に、いろいろと打ち合わせをしてきました。2014年11月にShoka:で開催することになっている「シゴトアソビ」という企画展のお話です。

http://shoka-wind.com/2012/03/infono-border-good-sense/

去年の5月に開催した、「NO BORDER GOOD SENSE」という」企画展の第二段です。

とても楽しみです!

林檎はみんなで楽しくいただきたいと思っています。

供したShoka:にいらした方達と一緒にいただきたいと思っていますので、是非時間のある方は遊びにいらして下さいね。

三谷さんありがとうございます!林檎が可愛くて、涙でかすんでいます。

カテゴリー: etc, rugü essay タグ: , パーマリンク